「労働者の心の健康の保持増進のための指針」2 メンタルヘルスケアの基本的考え方 of 企業のメンタルヘルス対策のポイント

企業の人事労務担当者がメンタルヘルス対策を理解するためのサイト「企業のメンタルヘルス対策のポイント」

HOME > 「労働者の心の健康の保持増進のための指針」2 メンタルヘルスケアの基本的考え方

「労働者の心の健康の保持増進のための指針」
2 メンタルヘルスケアの基本的考え方

 ストレスの原因となる要因(以下「ストレス要因」といいます。)は、仕事、職業生活、家庭、地域等に存在しています。心の健康づくりは、労働者自身が、ストレスに気づき、これに対処すること(セルフケア)の必要性を認識することが重要です。

 しかし、職場に存在するストレス要因は、労働者自身の力だけでは取り除くことが難しいものもあります。したがって、労働者の心の健康づくりを推進していくためには、事業者によるメンタルヘルスケアの積極的な推進が重要であり、職場における組織的かつ計画的な対策の実施が、大きな役割を果たすものといえます。

 このため、事業者は、次に定めるところにより、①自らが事業場におけるメンタルヘルスケアを積極的に推進することを表明するとともに、②衛生委員会又は安全衛生委員会(以下「衛生委員会等」といいます。)において十分調査審議を行い、③メンタルヘルスケアに関する事業場の現状とその問題点を明確にするとともに、その問題点を解決する具体的な実施事項等についての基本的な計画(以下「心の健康づくり計画」といいます。)を策定し、④実施する必要があります。

 また、④の心の健康づくり計画の実施に当たっては、「セルフケア」、「ラインによるケア」、「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」及び「事業場外資源によるケア」の4つのメンタルヘルスケアが継続的かつ計画的に行われるように、教育研修・情報提供を行うとともに、4つのケアを効果的に推進し、職場環境等の改善、メンタルヘルス不調への対応、職場復帰のための支援等が円滑に行われるようにする必要があります。

メンタルヘルスケア推進にあたっての留意事項

① 心の健康問題の特性

 心の健康については、客観的な測定方法が十分確立していませんし、その評価は容易ではなく、さらに、心の健康問題の発生過程には個人差が大きいため、そのプロセスの把握が困難です。
 また、心の健康は、すべての労働者に関わることであって、すべての労働者が心の問題を抱える可能性があるにもかかわらず、心の健康問題を抱える労働者に対して、健康問題以外の観点から評価が行われる傾向が強いという問題や、心の健康問題自体についての誤解や偏見等解決すべき問題があります。

② 労働者の個人情報の保護への配慮

 メンタルヘルスケアを進めるに当たっては、健康情報を含む労働者の個人情報の保護及び労働者の意思の尊重に留意することが重要です。
 心の健康に関する情報の収集や利用に当たって、労働者の個人情報の保護へ配慮することは、労働者が安心してメンタルヘルスケアに参加できるようにするため、ひいてはメンタルヘルスケアがより効果的に推進されるための条件となるものです。

③ 人事労務管理との関係

 労働者の心の健康は、体の健康に比較し、職場配置、人事異動、職場の組織等の人事労務管理と密接に関係する要因によって、大きな影響を受けています。メンタルヘルスケアは、人事労務管理と連携しなければ、適切に進まない場合が多くあります。

④ 家庭・個人生活等の職場以外の問題

 心の健康問題は、職場のストレス要因のみならず、家庭・個人生活等の職場外のストレス要因の影響を受けている場合も多いようです。また、個人の要因等も心の健康問題に影響を与え、これらは複雑に関係し、相互に影響し合う場合が多いあります。

ふくなが社労士事務所では、毎月1回、顧問契約を頂いているお客様にのみ、中小企業事業主向けに役立つ人事・労務情報を私自身がお客様に有用な情報と思われるネタを厳選し、毎月頭をひねりながら内容を考えたものをニュースレターとして郵送しております。

あるとき、せっかく苦労をして作っているニュースレターの情報を少しでも多くの経営者等にお届けしたいと考え、このブログを見ていただいた方に特別に、メールサーバーの関係上配信数限定でこのニュースレターのメルマガ版を送信することといたしました。

このニュースレターのメルマガ版のご登録は、こちらから。
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

販売用バナー.png販売用バナー.png
bana3.jpgbana3.jpg